大桑皮フ科

医療法人 大桑皮フ科(大阪府高槻市)ニキビ・水虫・アトピーなど皮膚のトラブルなら
丁寧な診察をお約束する地域に根ざした皮膚科医院です

診療科目

ニキビ・水虫・アトピー・アレルギーなど皮膚に 関するあらゆる疾患に対応いたします。

 

HOME»  医院のご案内
医院のご案内

 

医院の概要

医院名 医療法人 大桑皮フ科
郵便番号 〒569-0802
所在地 大阪府高槻市北園町14-20
TEL 072-682-1154
院長 大桑 隆
院長職歴 京都大学医学部 皮膚科助手
和歌山赤十字病院 皮膚科部長
(現)日本赤十字社 和歌山医療センター
資格 日本皮膚科学会専門医
医院開設 昭和44年6月
院長からひとこと 医院を開設してから40年が経ちました。地域に根ざした医療で、地元の方々ひとりひとりを丁寧に診療し、皮膚に関するお悩みをお持ちの方に、親身になって診察を行なってゆきたいと考えております。
 

医療法人 大桑皮フ科

 

診療設備

診療設備

 

ナローバンドUVB

Narrow band UVB (狭域の紫外線B波)

紫外線の中にはUVA・UVB・UVCの3種類がありますがUVBの中でも特定の狭い波長域(311~313nm)を利用したものがブローバンドUVBとなります。

乾癬、白斑、アトピー性皮膚炎などの皮膚病に効果があります。

治療に必要な波長だけを使っているため、短時間の照射ですみ、副作用も少なくてすみます。

 

液体窒素療法

 

液体窒素療法

液体窒素療法による代表的な症例はイボです。イボはウイルスによりできる良性の腫瘍です。イボをスピール膏などで治療しようとすると、かえって増悪・拡大してしまいますので、液体窒素での治療をお勧めしています。

液体窒素が入った容器に綿棒にコットンを巻きつけた物を浸して、たらさないよう、イボに当てます。イボ全体が白く凍ったらやめ、4~5回くり返します。

物理的に炎症を引き起こす事で、炎症細胞とよばれる物が集まり、それがウイルスに感染した細胞を破壊すると考えられています。

 

ダーモスコピー

ダーモスコピーとは、皮膚を肉眼によって診察することと、顕微鏡で診断する両方を兼ねた検査法です。
一言で言うと皮膚表面を拡大し観察する装置で、皮膚表面の乱反射を除く装置がついており、最大の特徴は、ほくろ、あざと癌の鑑別が容易なことです。

 

サージトロン

サージトロンは一言で言うと高周波メスです。
金属メスで切開するのに比べ、組織を押しつぶすことなく切開できるためよりシャープに切開できます。

 

医院へのアクセス

 

阪急京都線「高槻市駅」より徒歩約2分
JR東海道線「高槻駅」より徒歩約5分

お車でお越しの方は近隣に駐車場(有料)がございます。
駐車場所はこちらを参照してください。

 

阪急京都線「高槻市駅」からのアクセス経路

 

JR東海道線「高槻駅」からのアクセス経路