大桑皮フ科

医療法人 大桑皮フ科(大阪府高槻市)ニキビ・水虫・アトピーなど皮膚のトラブルなら
丁寧な診察をお約束する地域に根ざした皮膚科医院です

診療科目

ニキビ・水虫・アトピー・アレルギーなど皮膚に 関するあらゆる疾患に対応いたします。

 

HOME»  コラム&トピックス
コラム&トピックス

 

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎について

 

皮膚科で扱う代表的な病気のひとつにアトピー性皮膚炎があります。

アレルギー性鼻炎、結膜炎、喘息とともに3大アレルギー疾患ですが、実はアレルギーの仕組みの核心部は不明な点が多く、本当の意味でのアレルギー検査も成り立たないというのが実情です。

試みに日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎の定義・診断基準」を示してみます。

医学用語が多いのですが、最も重要なことは湿疹=皮膚炎が広範囲に長期に出現することであり、アレルギーの問題は参考要件であることが解っていただけるかと思います。

 

アトピー性皮膚炎の定義(概念)

「アトピー性皮膚炎は、増悪・寛解を繰返す、痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」

アトピー素因:(1)家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)、または(2)IgE抗体を産生し易い素因。

 

アトピー性皮膚炎の定義(概念)

 

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎について

 

1.そうよう

2.特徴的皮疹と分布
 (1)皮疹は湿疹病変
  ●急性病変:紅斑、湿潤性紅斑、丘疹、漿液性丘疹、鱗屑、痂皮
  ●慢性病変:浸潤性紅斑・苔癬化病変、痒疹、鱗屑、痂皮
 (2)分布
  ●左右対側性 好発部位:前額、眼囲、口囲・口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部、体幹
  ◆参考となる年齢による特徴
    乳児期 :頭、顔にはじまりしばしば体幹、四肢に下降。
    幼小児期:頸部、四肢屈曲部の病変。
    思春期・成人期:上半身(顔、頸、胸、背)に皮疹が強い傾向。

3.慢性・反復性経過(しばしば新旧の皮疹が混在する)
  ●乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上を慢性とする。

 

上記1、2、および3の項目を満たすものを、症状の軽重を問わずアトピー性皮膚炎と診断する。
そのほかは急性あるいは慢性の湿疹とし、経過を参考にして診断する。

 

臨床型(幼小児期以降)

●四肢屈側型
●四肢伸側型
●小児乾燥型
●頭・頸・上胸・背型
●痒疹型
●全身型
●これらが混在する症例も多い

 

臨床型(幼小児期以降)

 

診断の参考項目

●家族歴
(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎)
●合併症
(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎)
●毛孔一致性丘疹による鳥肌様皮膚
●血清IgE値の上昇

 

重要な合併症

重要な合併症

 

●眼症状(白内障、網膜剥離など)
 とくに顔面の重症例
●カポジー水痘様発疹症
●伝染性軟属腫
●伝染性膿痂疹